WEBとインターネットとバックアップ

最近のWEBサービスはどんどん進化している インターネットでのWEBサービスでのセキュリティ対策では、重要な対策のひとつとしてバックアップがあります。このバックアップは非常に有効で、サイバー攻撃やウイルス感染、ランサムウェアなど攻撃でも、データをすべて初期化するなり、最悪の場合にはパソコンなどを買い替えるとか、ハードディスクの部分を取り換えるなどで対処できます。また、サイバー攻撃ばかりではなく、自然災害でパソコンなどの機器が使えなくなっても、データさえ残っていれば簡単に最低限の仕事も始められます。東北の震災の時は、それでデータがなくなってしまい苦労した業者が多かったのも記憶に残っています。バックアップでは、すべてのデータではなく、最悪の場合での最低限必要なデータだけ保管しておくという方法もあります。

個人の場合でもクラウドストレージサービスなどで無料のサービスを利用してデータの重要な部分だけ保管しておくこともできます。重要なデータや写真などの個人や家族に必要なデータもクラウドストレージで保管しておくと、紛失する心配もなくなります。他のハードディスクにバックアップしておくという方法もありますが、クラウドサービスを利用しておくと、ますます安全にデータを守ることができます。企業などもクラウド上にすべてを移しておくという方法もあります。